【あなたのアイデアを加速させる】BLAST! SCHOOL2期生インタビュー

【あなたのアイデアを加速させる】BLAST! SCHOOL2期生インタビュー

こんにちは!パイセン部署のわかなです。
今回はBLAST!SCHOOLの更なる魅力をご紹介するため、2期生のみなさん(大村さん稲葉さん茂田井さん近藤さん)にお話を伺いました!

早速ですが、まずは現在の興味や活動を教えてください!

大村さん:私たちが行なっている活動は、「新しいタイプの海中堤防」です。

スクリーンショット 2021-04-20 18.50.01

特徴は二つです。
一つは、津波に対する強度が大きいこと。二つ目は、景観を美しく保てること。

堤防はいくつも種類があります。
例えば、景観を守る必要がなければ、陸上堤防がコスト的には有利です。
最近は、景観に気をつかった陸上堤防で、せり出してくるようなタイプや、扉のタイプもあります。

僕らもさまざまな調査や議論を経て、「海中堤防」に辿り着きました。

どれがいいかどうかは一長一短なので、景観をどれだけ守りたくて、どれだけ安全性を担保したいか、コストのこの3つによって、導入する堤防を検討するのが大事です。

ーなぜそもそも、堤防に問題意識を持ったんですか?

大村さん「テクノロジーを活用して人の命を救えること」が大きな理由ですね。その一つとして、津波をテーマに絞っています。

これを思うようになった背景は、昨年の人生初めての全国規模のビジコンに遡ります。最終審査会で敗北し、悔しい経験をしました。オープンイノベーションについての賛否両論の指摘も受けました。ここの反省として、テクノロジーを自分自身で作り上げてビジネスの世界にチャレンジしたいという思いが生まれ、自分が大の物理好きということもあり、今のチャレンジに踏み出しました。

自分がどんな価値を作りたいのかと考えた時に、「誰かの人の命を救いたい」という思いがあるんです。これは、東日本大震災が自分にとってもすごくインパクトで、当時小一だった常識が崩れたんですよね。人は当たり前のように90歳くらいまで生きると思っていたので、人はいつ死ぬか分からないんだなと気付かされました。だから津波というテーマに至りました。

ー稲葉さん、茂田井さん、近藤さんはなぜ参画したんですか?

稲葉さん:自分もビジコンに出ていた中で、社会問題を解決することに興味がありました。そこで大村の誘いもあり、プロジェクトに取り組む中で津波に対する当事者性も芽生えて、今に至っています。

茂田井さん:私は何かのプロジェクトに積極的に行動していきたいと考えていました。けい君(大村さん)と元々友達だったのもあり、自分にとっていいチャレンジの機会になると思い参画しました。

近藤さん:私は、津波という1つの災害に対して、何かアプローチができないかと考えていたので、けい君(大村さん)に誘われ、このプロジェクトに参加したいと強く思いました。

ー最初はさまざまな調査をしたと聞いてます。その調査をする中で、どんな課題感が見えてきたんですか?

大村さん:何より大きかったのは、あれだけ災害があった上でも、地元の住民が、防波堤拡張に関して反発が大きいことでした。その理由は、観光的な問題や、生態系の問題など、さまざまです。住民投票で半数割るほどの反対があり、驚きましたね。
これによって、整備が遅れているんです。国土交通省が毎年出しているレポートを見ても進捗が遅いんです。震災があって10年経っている中で、どれを見ても1年に数%しか進んでない。ここに問題意識を感じました。

スクリーンショット 2021-04-20 18.49.02

ー行動したからこそ見えたことですね!では次にBLASTについて質問していきたいと思います。早速ですが、BLASTの1番の価値って何だと感じましたか?

大村さん:私としては、最も価値があったと考えるのは他のBLAST生との切磋琢磨でした。
他のピッチプレゼンを見れたことで、自分たちの強み弱みが相対的に見えてきましたし、その後にコメントしあったりすることで同学年ならではの意見交換ができたのも大きかったです。

稲葉さん:加えて次点としては、自分たちがピッチプレゼンを作り、発表することが一番価値があったなと感じています。初めて自分たちが考えていたプロジェクトをピッチすることで、多角的なアドバイスがもらえ、ここで一気に行動が加速したんですよね。あとはピッチの緊張感もあり、自分たちも本気で準備し、また自分たちで客観的に見えることもあり、現在地と改善ポイントを見えたことも価値でしたね。

茂田井さん:あとは、メンターの方々に最初から継続的に見てもらえたことです。計画立てを伴走してもらったことで、半年の行動プランを自分たちのレベル以上に掲げることができて、結果半年間で想像できないところまで持っていけたのがよかったです。

近藤さん:メンターの方々の手厚いサポートこそ私達のプロジェクトの促進に繋がったと思います。私達が悩んでいた、躓いていた点も、親身になって相談して下さったことで、より幅広い視点を得られたように感じました。また他のBLAST生の熱いパッションにも触発されました。彼らのアイデアを聞くことで、未解決な様々な問題に対しての様々な知見を得ることができたと感じています。

ープログラムの参加前後で、自分にどんな変化がありましたか?

大村さん:自分のプロジェクトを進めていく上での「やり方」や「ビジネスベーシック」が身についたのは大きな変化でしたね。 これまでビジコンに出ていた時って、メンタリングもどうしても単発になり、ぶつ切り感がありました。ただこのBLASTは半年間メンターが伴走してくださるので、プロジェクトのアドバイスだけではなく、「やり方」の部分、やメールの書き方・マナーなどのビジネスベーシックな部分が学べたのは自分にとって大きな変化です。
あとは、ビジコンだと、完成物しかみえないじゃないですか。けれどBLASTは、他のBLAST生のプロジェクトを進める過程まで見えたことで、色々なPDCAの形が勉強になりましたね。

稲葉さん:最初は大学教授とZoomで話すことにすら恐怖感を感じていたところが、どんどん行動できるようになったのが1番の変化でした。

茂田井さん:同年代でたくさんのことを進めている人と触れることで、「ほんとにここまで自分のやりたいことをぐんぐん進めている人がいるんだ」と刺激を受けて、自分自身の行動に自信が持てるようになりました。これまでは、人前で少し発言することですら本当に苦手だったけれど、BLASTを通じてプレゼンも堂々と話せるようになったのも大きいです。人生において生かせることをたくさん学びました。

近藤さん:このBLASTの活動を通して、高校生って勉強だけじゃないなと改めて思いました。正直この活動を始める前は、両立できるか心配だったのですが、どんどんやっていくうちに、このプロジェクトに自分がのめり込んでいるのがわかりました(笑) この活動中に様々なことを学んだことで、高校生でもここまでできるんだと自信に繋がりました。

ー今後の展望・ビジョンや、それに向けて取り組もうとしていることは何ですか?

大村さん私が最終的に何をやりたいかでいうと、「最先端のテクノロジーを使って人の生活を豊かにしたい」んです。
このプロジェクトに関しては、受験が始まるので、このプロジェクトに関しては、後輩に引き継いで、僕らはサポート側で進めていきます。
ただもちろん、受験が終わったらまたこのプロジェクトもやり続けたいですし、これに限らずどんどん新しいチャレンジをしていきます。

ー最後に、これからBLAST!SCHOOL に挑戦する高校生にエールをお願いします!!

大村さん「何事も行動すれば意外となんとかなるよ」って言いたいです。
やっぱり、僕も昔そうだったんですけど、行動する時って、ビビっちゃうと思うんです。例えば最初に大人に連絡をとってみるとか、難しいですよね。けど、意外とアクションしてみると、すっと進むことも多いなって気づきました。なので、BLASTにチャレンジする人は、どんどん臆さずアクションして機会をどんどん掴み取ってほしいな。

校外プログラム大全

Bookmark

参加者体験談カテゴリの最新記事