【求む!SDGsアクションアイデア】SDGsみらい甲子園

みなさんこんにちは!
今回は北海道と関西地区を対象にしたSDGsアクションアイデア大賞についての紹介です!


◯SDGsみらい甲子園とは?
SDGsみらい甲子園は高校1・2年生が様々な地球や人間社会の問題の解決策となる「SDGsアクション」アイデアを発表するコンテストです。北海道在住の高校1年生・2年生関西二府四県在住の高校1年生・2年が対象です!
持続可能な社会を実現するために、解決していきたい、あるいは、変えたいと考える「探求テーマ」(課題)を1つ選び、その解決策となる具体的な「SDGsアクション」アイデアを募集しています。

SDGsとは?
2015年に国連の「持続可能な開発サミット」で採択された持続可能な開発目標です。「誰一人取り残さない社会」の実現のため、国際社会共通の17個の目標が定められています。Sustainable Development Goalsを略したSDGsの略称で呼ばれていて、政治や教育分野にとどまらず注目を集めています!

◯募集概要はコチラ

北海道エリア
第1回募集期間: 2019年12月1日~2020年2月14日
参加資格:北海道在住の高校1年生・2年生(応募時)
※北海道エリア大会は北海道在住者を対象としています
※中高一貫校における中学生は、チームに高校一年生が加わっていれば参加できます。
参加単位:チーム制(2名〜最大6名)※学校単位、学年・学校横断型チームも可
提出形式:
・プレゼンテーションが可能なデジタル形式のスライド5枚データ(形式は自由)
※マイクロソフトPowerPointのテンプレートを使用する場合は公式サイトを参照
・文字や写真、図表など表現方法は自由です
・5分間でプレゼンテーションが完結するようにポイントを絞ってください
1 表紙 タイトル、学校名、チーム名、代表者名
2 「探求テーマ」とそれを選んだ理由
3 「探求テーマ」を解決するための具体的な「SDGsアクション」アイデアとその「SDGsアクション」で解決できる目標(Goal)※複数可
4 その「SDGsアクション」を社会や生活のなかで実践・広めるための方法
5 その「SDGsアクション」が広まると世界や社会はどう変わるのか
関西エリア
第1回募集期間: 2019年12月7日~2020年2月21日
参加資格:関西二府四県在住の高校1年生・2年生(応募時)
※大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県
※関西エリア大会は近畿圏在住者を対象としています
参加単位:チーム制(2名〜最大6名)※学校単位、学年・学校横断型チームも可
提出形式:
・プレゼンテーションが可能なデジタル形式のスライド5枚データ(形式は自由)
※マイクロソフトPowerPointのテンプレートを使用する場合は公式サイトを参照
・文字や写真、図表など表現方法は自由です
・5分間でプレゼンテーションが完結するようにポイントを絞ってください
1 表紙 タイトル、学校名、チーム名、代表者名
2 「探求テーマ」とそれを選んだ理由
3 「探求テーマ」を解決するための具体的な「SDGsアクション」アイデアとその「SDGsアクション」で解決できる目標(Goal)※複数可
4 その「SDGsアクション」を社会や生活のなかで実践・広めるための方法
5 その「SDGsアクション」が広まると世界や社会はどう変わるのか

エントリーフォーム:https://sdgs.ac/entry/


SDGsみらい甲子園HP:https://sdgs.ac
あなたもSDGsアクションを起こしてみませんか?

校外プログラム大全

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください