【学生団体紹介】校外プログラム大全 第二弾 設立者インタビュー

【学生団体紹介】校外プログラム大全 第二弾 設立者インタビュー

ということで、校プロ まとめ第二弾!設立者のS.M先輩にインタビューしちゃいました!
インタビュアーは私、はのです!

おふざけな部分も多いと思いますが、ぜひ最後までお付き合い頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

では、早速インタビュースタート!


■ 団体の設立したきっかけは?


「”校外プログラムのよさ”ってそもそも校外プログラムに参加してたり、身近な人に参加者がいなかったら知れるわけないよねー」とまっきーと喋っていたのがきっかけです。

「じゃあ、そういうサイト作ってみね?」と、WordPressにハマっていた僕がサイトを立ち上げ、まっきーが最初の記事を寄稿してくれたのが始まりです!

しょうもない始まり方ですみません!

【記事第一号:「高校模擬国連」ってなに?!国際大会優秀賞受賞者に聞いてみた

■ 団体名に込めた思いは?


「何のサイトなのか」が一瞬で伝わることを最優先に考えました。

今もそうですが、当時から「校外プログラム」の他に校外活動、課外活動、学外プログラム、、と似たような概念がたくさんありました。

これらを「校外プログラム」という言葉に統一をして、このワードを中高生の間で浸透させることができたら、校外プログラムそれ自体が彼らにとってより身近になるのでは?と思っていた気がします。

あと、世界史で出てくる「神学大全」っていう言葉の語感が好きでした。内容は忘れました。誰か教えて、、、

■ 学習したこと、得たことは?


良いものは「1人の個人作品」か「本気の議論(≒喧嘩)」の時にしか出てこない、ということです。

■ 難しい、つらいと感じたことは?


僕個人が経験した失敗を、再び組織として繰り返さないようにすることは、難しいと感じていました。

人は実際に経験したり、自分の目で見ないと納得しないので。

■ この活動をして印象的だったことは?


僕の引退式は印象的でした。校プロっぽく全てがオンラインだったのですが、久しぶりに泣いちゃいました!みんなありがとね!

校プロの運営は最高の校プロだと思います。

■ 一年後の自分自身のイメージは?


痩せろ!痩せろ!痩せろ!

■ この団体を立ち上げて良かったことは?


こうやって誰かのためになり続けていることですかね。

誰かって、1番は「現」校プロメンバーの皆さんです。

■ 私にとって校プロとは?


おもちゃとこども

■ 一言お願いします


どうやら校プロは改革するようです。個人的に沸いています。

みんな貴重な中高での時間を割いて校プロをやっているはずです。
どうせやるなら本気でやっちゃってください。

《インタビューをして感じたこと》


今までは、設立者のS.M先輩に校プロが始まったときのことを聞くことはあまりなかったので、すごい学びでした!

今の校プロがあるのは、設立者の坂本先輩をはじめとした、先輩たちが頑張ってくれていたからだと改めて感じました!
先輩の偉大さを感じたインタビューでした!

同時に、校プロの歴史を感じ、今まで引き継がれてきた思いや、考え方があるのだなと思いました。
今度は私たちが、先輩方に教えてもらった思いを伝えていけたらなと思います!

また、今までの校プロを守りながらも、新しい私たちらしい校プロをつくっていきたいです



最後までご覧頂き、ありがとうございました!

次は第三弾が公開されます!
新代表・副代表にインタビューしたので、そちらもぜひご覧ください!


https://kininarukotomatome.com/student-teams-introduction-koupuro-vol-0-c0528

↑校プロまとめはこちらから!↑

学生団体カテゴリの最新記事