5月23日にサイトをリニューアルいたしました

【コロナに苦しむ今だからこそわかる】高校生1日病院体験

【コロナに苦しむ今だからこそわかる】高校生1日病院体験

皆さんこんにちは、翼です。全世界がウイルスの脅威にされされる中、我々もプログラム探しに苦労しています。おすすめのプログラムがあれば、是非教えてくださいね。

校プロが紹介するプログラムは文系寄りのが多く、敬遠しがちという理系の皆さん、お待たせしました!本日ご紹介するのは、今最も忙しい分野、医療に関するプログラム、高校生1日病院体験です。

高校生1日病院体験とは



愛媛生協病院で春と夏の年2回開催される高校生向けの医療体験プログラムです。体験施設ではなく、実際の病院を使って行われるプログラムで、医療従事者に近い体験ができます。

何をするの?


希望別職種体験
希望する職業に関する体験や見学を行います。また、実際の医療従事者の方との交流を通して「現場の生の声」を聞くことができます。

<例>
医師
検査、血圧測定

看護師
予防接種、回診、患者の足浴

理学療法士
マッサージ、歩行訓練

他にも、作業療法士、言語聴覚士、介護福祉士、薬剤師、診療放射線技師、臨床検査技師などの体験、見学ができます。

過去参加者からは、「患者とのコミュニケーションの重要性がわかった」や「医療現場の過酷さを実感した」など実際の現場を見学・体験したからこその感想が多く聞かれました。近頃、医療ドラマなどが流行っていて、医療に興味を持つ人が増えていますが、「ドラマなどで抱いた医療現場に対するイメージとは異なった」という声も聞かれました。

患者体験
流動食やとろみ食の試食、車椅子体験、AED体験などを行います。医療サービスを「受ける立場」に立つことで、医療従事者とは違った視点で医療を体験でき、より理解を深められます。

《プログラム概要》

開催場所|愛媛生協病院

開催日時|春・夏の年2回開催
※2020年春(3/25)はコロナウイルスの影響により中止、なお、夏の開催に関する詳細情報は未発表

募集対象|高校生

募集人数|30人(申し込み多数の場合抽選)

費用|1,000円


公式HP|one_day.html

校外プログラム大全

理系・科学カテゴリの最新記事