身近な課題を解決するプロジェクトを立て、提案?!ハックジャパンの『INNOVATION CAMP』とは!?

『【パイセンに”INNOVATION CAMP”について聞いてみた】by佐々木咲乃パイセン(イノキャン春参加者)』

この記事の内容をざっくりと要約すると!
これはNPO法人ハックジャパンが主催している「INNOVATION CAMP」という課題解決型プログラムを行うキャンプについて、実際に参加した人にお聞きした内容をまとめたものです!

ちょ、ちょっと待って何言ってるか全然理解できない!っていう人はこちら
➡︎「パイセンに聞いてみた!」って何?!、てか何このサイト?!

——————-

【以下、取材記事】

こんにちは!はじめまして、広島県に住んでいる高校1年生の佐々木咲乃です。

今回ご縁があって私が紹介させていただくことになったのは「INNOVATION CAMP」(以下イノキャン)です。イノキャンは主に大阪・東京で活動しているNPO法人ハックジャパンが主催しています。大阪・東京と言いましたが、実際社長や一部の社員は海外にいるとかいないとか…笑

イノキャンとは?!

イノキャンとは“身近な社会から自分たちの見つけた課題を5日間で解決するプロジェクトを立て、提案するサマーキャンプ!キャンプ中には、毎日様々な普段入れない場所を見学したり、普段は聞かない人の声を聞きながら課題解決をしていき、最終日に「事業提案」としてプレゼンテーションをする”というものです。(HP引用)

私は2017年3月に東京で開催されたイノキャン春に参加しました。私が参加した時は4日間で開催されたり、少しだけやることが違ったりと、今年のイノキャン夏と変わっている部分もありますが、だからこそ毎回飽きないものとなっていると思います。

さて、本題である私が参加したイノキャンについて紹介していきたいと思います。

DAY1

DAY1は全国から来た中高生が初めて顔を合わせる日なので、自己紹介やアイスブレイクから始まりました。自己紹介もただ名前を言うだけではなく、自分をアピールする自己紹介(自己PR)で個性豊かな楽しいものでした。4日間共に過ごすチーム作りをした後は、自分たちが解決したい課題を見つけて、フィールドワークに行けるようにアポイントメントを取りました。自分たちで実際にお店に電話をし、アポを取るのは緊張したり、断られたりしましたが、いい経験になったと思います。それから世界的企業であるSalesforceさんの会社へ行き、お話を聞きました。最先端のお話がたくさん聞けて、これもまた貴重な経験となりました。

DAY2

DAY2は各チームそれぞれ、DAY1でアポを取ったお店に実際にインタビューをしに行き、実際のニーズを調べました。その後Freee株式会社に集合し、Freeeの社員の方のお話を聞いた後、事業計画書の書き方(コンセプト、ビジョン、ペルソナ、ソリューション、ゴール、マネタイズ、競合比較、KPI、コスト、リスクなど)を学びながら、実際に事業を練り始めました。事業計画書は本格的過ぎて、あの時の私にはとても難しかったですが、メンターの方々はその都度しっかり説明してくれるので、心配いらないです。そして、実際に考えた事業をFreeeの社員の方々からフィードバックをもらい、さらに事業をブラッシュアップさせていきました。特に社員の方からのフィードバックは自分たちでは気づけなかった鋭い視点からしていただけるので、すごくいい機会でした。

DAY3

DAY3はYahoo Japanさんの本社に行き、コロプラネクストの投資家の方のアドバイスをもらい、本格的に事業を練り上げていきました。私でも知っているような有名な企業の本社に行くことができ、楽しい雰囲気で事業をブラッシュアップしていけたと思います。

DAY4

DAY4は午前にメンタープレゼンツの東京観光をしました。午後のプレゼンに向けていいリラックスになりました。午後はいよいよ4日間の集大成であるプレゼンをしました。実際の企業の投資家の方々の前で自分たちの事業をプレゼンしました。投資家の方々のコメントは厳しいですが、ためになることばかりで勉強になりました。

その後は結果発表があり、その時は上位のチームはコロプラのぬいぐるみなどがもらえました。

すべてのプログラム終了後は交流会があり、審査員の方やメンターと話したり、写真撮影をしたりしました。社長の人脈のおかげで私はあの時ちょうどトビタテ挑戦中だったのでトビタテ2期生の方にも繋いでもらいました。(無事トビタテ3期に合格しました)

全体を通じての感想

私にとってこのイノキャンは東京に初めて一人で行く大冒険だったのですが、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。実際の投資家の方々からの本格的なアドバイスや鋭い視点からのコメントを聞くことができ、本当にいい経験が出来ました。(これしか言えないのが辛い)

しかも社長を含め、メンターの方々はみんな大学生、高校生なので本当に距離が近く、気軽に何でも相談することが出来ました。社長さんは若くていい意味ですごい変人ですが今でもたまに連絡を取ったり相談したりするくらいとても頼りなる方です。4日間は宿泊だったので、3日目の深夜2,3時までメンターと事業を練り上げていったのはいい思い出です。

またチームのメンバーは言うまでもなく、他の参加者とも年齢関係なく仲を深められました。特にチームメンバーはただの友達ではなく、本気で議論を交わし、よりいいものを創るためにぶつかり合って険悪なムードになった時もあったけれど、結果的に事業を納得いく形にでき、一生の仲間です。4日間大変で辛かったですが、沢山の成長があった4日間でした。そして、学校では絶対居ないような仲間との出会いが沢山あった4日間でした。

私はこのキャンプをきっかけに遠方のイベントにも参加するようになりました。そのようなきっかけを作ってくださったイノキャンには本当に感謝しています。

みなさんもぜひ参加してみてください!きっと最高の経験となると思います、いいえ、なるにちがいありません。

INNOVATION CAMP公式サイトこちら

【校外プログラム体験談「パイセンに聞いてみた!」をさらに読みたい方はこちら