哲学カフェ〜第1回 “成功”とは何か?〜

哲学カフェ〜第1回 “成功”とは何か?〜

Hello!!高1のうっちーです。雨続きでげんなりしていますが、反面涼しいというのが救いです。さて今回紹介するのは哲学カフェなんですが、僕も最近参加してきましたよ。(紹介しているものとは別のものです)ほんとに何でもあり!って感じで楽しかったですよ~。

そも、哲学とは?

そもそも哲学ってなんでしょうか?お堅いものという認識が強いかもしれませんね。

哲学・・・①宇宙や人生の根本問題を理性的な思弁により突き止めようとする学問。

新明解国語辞典第七版「哲学①より引用」

ここで大事なことは「突き止めようと」していることです。僕はここから別に答えがなくてもいいんだという解釈をしています。

じゃあ哲学カフェとは?

僕の中で、堅いイメージを持たれてしまっている「哲学」に「カフェ」というやわらかい言葉をくっつけることにより、中和しているイメージです。言葉の上の問題だけで、こいつが本来の哲学なんじゃないかと。

ここで「やっぱり、哲学カフェってやっぱり堅いんだ」と思ってほしくないんですけどね。

別に実際にカフェでするものばかりではありませんヨ。

参加する意味

  1. 答えのない問いに会える

  2. いろんな人に触れられる

1.答えのない問いに会える

疑問符, パイル, 質問, マーク, スタック, シンボル, 仕事, 聞く

あなたの頭の中には様々な「」が存在していると思います。存在をあなたが知っているかは別として。

その存在をあなたが知ることができる場所です。哲学カフェでは本当に多種多様な話がなされます。そして様々な「」が流れてきます。そしてそのたくさんの「」のうちあなたの頭で実は考えていた「」だけがひっかります。これが哲学カフェに参加する一つの意味です。

そして、哲学は答えがなくてもよい、答えのない問いと言いましたが、「答えのない」というのが大事なことで「答えがある」問いはなんも面白味がないんですね。跳躍してくれない。意外性がない。考えもつかなかった場所に行かない。

対して「答えがない」問いというのは本当に面白いし、楽しい。あ、そうなるのかといった場所に連れて行ってくれる。こいつに会えるのは本当にいいことなんですよ。

以前僕が参加した哲学カフェの人が言っていたのは「まとまらなくていいんだよ」。むりにまとめようとしなくていいんですね。

2.いろんな人に触れられる

哲学カフェにはひとりひとり違うバックグラウンドを持った人たちが参加します。年齢も地域も経験も。

必然的にいろんな考え方が出てきますね。このいろんな考え方というのがすごいのです。考えたこともないような考えがいっぱい出てくるのです。価値観が壊される瞬間♪♪。これが楽しいんですよ。うん。ホントに。

常識とは、18歳までに身に付けた偏見のコレクションである。

by Albert Einstein

出典 https://dictionary.goo.ne.jp/quote/1/2/

 

 

プログラム詳細

さぁここまでながながと語ってきましたが、参加してきたくなってきてますか?

今回紹介する哲学カフェのテーマは

成功とは何か?

です。いや~答えないね!!主催者は永野 理佐さん。金子 雄亮さんのお二人。タイガーモブという海外インターンシップの団体の方です。

日時 8月26日(木)20:00-21:30
対象 老若男女誰でも
方法 Zoom
参加費 無料

しかもこの哲学カフェ、見ているだけでもOKなんです!とにかく雰囲気を味わってみたいという方にもおすすめ!!

サイトはこちら

最後に

最後までお読みいただきありがとうございました。こんなに答えのある問いはおもんない!って言っていると答えのある問いの集まり(=し・ゅ・く・だ・い)にやる気が出ませんねぇw。面白い宿題は面白いんだけどなぁ、、、

ま、無事に宿題を終えることができていれば、また記事を書けると思いますのでまたお会いしましょう!ByeBye!!

 


校外プログラム大全

キャリア系カテゴリの最新記事