日本の次世代リーダー養成塾について聞いてみた!

 

初めまして、こんにちは。
福岡県在住、県立城南高校2年の尼田優河と申します。私は、2019年7月26日(金)~8月8日(木)に福岡県と佐賀県にて行われた「日本の次世代リーダー養成塾」(a href:https://leaderjuku.jp/)に参加させていただきました。塾内では学級委員をしました。
この記事では、日本の次世代リーダー養成塾の紹介をさせていただこうと思います。
ゆっくりお付き合いいただければ幸いです。


リー塾とは

そもそもリー塾って何?

世界への扉を開けて、将来を真剣に考える熱い夏の2週間」
「日本の次世代リーダー養成塾」(以下、リー塾)とは、まさに日本の次世代を担うリーダーを育てることを目的とした塾です。
2週間、福岡県と佐賀県にある施設で約180名の塾生と共同生活を行います。その中で、JAXA理事の若田光一さんや、マレーシアのマハティール首相などの講演を聞き、日本そして世界の将来について真剣に考える塾です。
今年度は、日本各地に加え、韓国、中国、モンゴル、ベトナム、マレーシア、タイといったアジアからも16名の留学生が参加し国際色漂う塾となりました。

リー塾の特徴とは

「ルールは一つ、他人に迷惑をかけない」
私の知る限り、リー塾は国内で最大のサマースクールです。他にはない特徴をいくつか紹介したいと思います。


1,情報機器の持ち込み禁止!

リー塾では初日にスマホが回収されます!
その他の情報機器も持ち込み禁止です。なぜかというと、純粋な人間関係を築くためです。
私の経験ですが、スマホがないほうが確実に友達とたくさん話します。そして、その人のことを知ることができます。このルールのおかげで昼夜を共にする仲間たちとの絆がさらに強くなりました。また、スマホが返却されたときに、改めてその有効性に気づくことができました。塾期間中に直撃していた台風のことも塾が終わってから知りました(笑)情報から2週間も離れた生活は貴重ですよ!

2,企業から派遣された先生と学生リーダー


リー塾には先生という存在が2つあります。
一つはクラス担任の先生で、企業から派遣された現役バリバリの社会人です。
議論につまづいたときに有効なアドバイスをくれるほか、社会人という立場から私たちを成長させてくださるまさに先生です。
もう一つは学生リーダーです。実は担任の先生は、前期と後期で交代されるのですが、クラス担当の学生リーダーは2週間クラスにつきます!他にも全体のお世話をしてくれる学生リーダーもいます!

3,したいことをかたちにできる!


リー塾には当然、志の高い人が集まっています。だからこそ、塾内ではしたいと思ったことを実現しやすいのです。ルールは他人に迷惑をかけないこと。塾生が自ら企画をするような場面はいくつかあります。そのなかできちんとしたプロセスを踏むことでモノが形になることを実感できました!

具体的に何をするの?

大きく分けて、「講義」、「ディスカッション」、「アジアハイスクールサミット」、「味噌汁コンテスト」です。
1、講義
リー塾では講義を、2週間で26個も受けます。角界の一流の人たちの講義は聞きごたえがあり、様々な角度から次世代のリーダーシップにアプローチがありました。
クライマックスでは、元宇宙飛行士でJAXAの理事をされている若田光一さんや、マレーシアのマハティール・モハマド首相からのお話も聞くことができました。政府専用機でリー塾のためにわざわざご来日され、SPや関係者をたくさん連れてこられており迫力のある講演となりました!5c4d0a84b1a861b2da148f0405d84a4c
2、ディスカッション
リー塾では講義の後にその講義についてディスカッションを行いました。自分の意見を持ち、主張できる塾生が多かったのでとても白熱しました!クラス単位で行うのですが、途中でご講義された先生も回ってこられるので、質問もできよかったです。私のクラスでは、テーマから塾生が決め、ファシリテーターも塾生が行いました。(クラスによって違うと思います。)とても難しかったですが、そのことについて担任の先生などからアドバイスをもらうことができ成長を感じました!


3、アジアハイスクールサミット
2週間の中で1番考え、苦労したのがこのアジアハイスクールサミットです。参加が決まると事前課題が提示されます。今回は、若田さんが来られるということから「地球規模で解決しなければいけない問題を、宇宙を使って解決する」というものでした。過去16回で1番難しい課題だったそうです。さらに科学の限界にとらわれず奇想天外であることという条件付き!
中間発表で私のクラスは1つ完成したものを出せたのですが、後半に問題が出てきて最初から作り直しました!ディスカッションと違い、いろいろな意見がある中で1つのものに収束させなければならず、自由時間まで使いやっとのことで完成させました。最初書いたとおり苦労もしましたが、その分得るものが多かったプログラムです!


4、味噌汁コンテスト
ここまで見てくるとリー塾は頭を動かすだけに見えるかもしれません。
しかしそんなことはありません!この味噌汁コンテストでは各クラスでテーマを決め、開催地宗像の食材を使って味噌汁を作ります。
それぞれが持つ能力を発揮できる担当を考える力が付きましたし、息抜きにもなりました。
この他にも、バードプロジェクトというものや前夜祭などがあります。卒塾前夜祭の盛り上がりは想像を超えるものがありました。一度経験してほしいです!iOS の画像 (1).jpg

一日のスケジュールは?

6:30

起床

6:50

点呼:朝の点呼がクラスごとにあります。

7:00 

朝食

7:30 

清掃

尼田さん
リー塾では塾生が自分たちで清掃を行います。これも他にはない特徴かも!

8:00 

書禅:自分の思いを字に表して整理し、人に思いを伝える力を磨きます。


9:00 

講義①

尼田さん
一講義90分で、最後には質問の時間もあります!留学生も積極的に質問します。その中には、感動するものもあり、いい刺激になりました!


11:00 

ディスカッション:講義の内容について自分たちでテーマを設定しディスカッションします。


13:00 

昼食


14:00 

講義②


16:00 

講義③

尼田さん
講義が1日に3つもある日があり、きつかったですが貴重な体験でした!


18:00 

ホームルーム

尼田さん
クラスごとで行います。何をするかはクラス次第です。私のクラスでは自分について真剣に語るスピーチの時間にしました。理由は、2週間共同生活をしていても、まじめな話をする機会があまりないと思ったからです。なぜリー塾に来たのかなどを語り合いました。友達のことを知れて楽しかったです!


18:30 

夕食


19:15 

アジアハイスクールサミット

尼田さん
議論が白熱して21:00までに終わらないことが多々ありました。その時は延長して自由時間を使って議論しました!


21:00 

自由時間

尼田さん
この時間は各委員会の打ち合わせや、お風呂、アジアハイスクールサミットの延長などでほとんど潰れてしまいます。


22:40

点呼


23:00 

就寝            

※これは一例です。毎日若干異なります。今年度の詳しい日程はホームページに載っています。


<私がリー塾で学んだこと>


・目指すべきリーダーの姿が明確になったこと。
・リーダーに必要な多くの知識を得ることができたこと。
・自分を動かす原動力を得られたこと。

が特に挙げられます。
講義などで先生からの影響も当然あるのですが、それに劣らないくらい、ほかの塾生からも影響を受けました。
ここで感じる「驚き」 が2週間のなかで「良い刺激」へと変化し、自分を成長させてくれていると感じました。
具体的には、私は講義の中の質問の回数を塾生と競うようになりました。結果、より質の高い質問をたくさんし、講義してくださる先生から多くを得ようとする力となりました。

ob2878e935865e4b9ab50317e8e115b71_30512150_191013_0010.jpg


<リー塾からのメッセージ>


私がリー塾を代表して皆さんにメッセージを送るのはちょっとおかしなことですね(笑)
ただ、この記事を見てくださっている方に少しでも還元したいと思い書かせていただきます。
いいリーダーとはサポーターのことを考えられるリーダーです。
いいサポーターとはリーダーのことを考えられるサポーターです。
そのためにはそれぞれの立場について知ることが大切です。だからリーダーになろうと思わない人も関係ありません。

もっとアクティブに!もっとグローバルに!したいことをしよう!

リー塾にはしたいことを積極的にしている人がたくさんいて自分も刺激を受けました。今あなたのしたいことをはらんでいるものはなんですか?それが常識ならとらわれないでください。したいことに一生懸命励んでいると、いい仲間がついてきます。

<挑戦したい人へ>


「失敗を恐れず何事にもチャレンジすること」


この記事はあくまで私の経験をもとに書いた記事です。クラスによっては違うことをしているかもしれません。また2週間の中の一部しかかけていません。
身近に卒塾生がいるなら質問してみてください。よろこんで答ええくれるはずです。

もしいなければこの記事に質問していただければ、答えます!


また、2週間という長い期間やお金も程度かかることで敬遠してしまうかもしません。しかしこの2週間はほかのどの2週間よりも有意義なものに必ずなります。
またお金はあなたの学校の同窓会に相談してみてください。やってみなきゃわかりませんよ?(笑)
あと3年生も案外いました。時間を見つけては勉強していたので印象的でした!
必ず心に響く講義があると思います。

他では得られない素晴らしい経験をすることができました。いい刺激を与えてくれた友人、先生方、運営の方には感謝の気持ちでいっぱいです。
ぜひ来年参加してみてください!

ここまでお付き合いありがとうございました。ob2878e935865e4b9ab50317e8e115b71_30512150_191013_0025.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください