【募集開始!】第6回 全国高校生未来会議

こんにちは。 むつきです!
今回は、春休みといえばこれ!と言ってもいいほど有名なプログラム「全国高校生未来会議」について紹介します!
去年、私もこのプログラムに参加し多くの刺激を得ました。経験談も入れつつ紹介していくので、最後までご覧ください!


全国高校生未来会議とは

全国から集まった高校生がつくる「日本最大規模の若者向け政策提言イベント」です。
内閣総理大臣や閣僚、与野党代表等など政治家をはじめ、社会の最前線で活躍される方が毎年参加されています。
若者代表として政治家に意見をぶつけたり、同世代の仲間と問題視されている課題に対して新しい政策を打ち出したりなど、とにかく濃密な3日間です!

去年は菅内閣官房長官のお話を聞いたり、実際に国会へ行き、国会議員の方とランチをしました。とにかく盛りだくさんなコンテンツです!

2020のテーマ

第6回のテーマは
いま、高校生にできること~未来のためのアクション~」です。

持続可能でよりよい世界を目指すための国際目標「SDGs」達成の目標年度である2030年。
10年後の私たちの地球はどうなっているのでしょうか。
環境問題や貧困、テクノロジーのあり方……こうした大きな社会問題にこれからの10年どう向き合っていくか。いまどんな「アクション」を起こせるのか。
未来を生きる当事者である高校生だからこそ、立ちあがり、声を上げ、行動し、世界を動かす大きなムーブメントを社会に起こしましょう!

詳しいコンテンツはまだ発表されていません。
興味がある方はぜひTwitterやFacebookをチェックしてください!

おまけ 経験談


〇出会った仲間は一生もの!

コンテンツも魅力的でしたが、私が未来会議に行って良かったと思う1番の価値は「仲間」です。全国規模で開催しているからこそ全国から想いを持った高校生に出会えました。
その日に会った仲間と新しい実現可能な政策を考え、深夜までプレゼンの用意をしたり将来について話したり……。
熱い思いを持った同世代にすごく刺激されたことを覚えています。
未来会議が終わっても、そのつながりは一生ものです!!

〇とにかく盛りだくさん!
3日間のスケジュールの中でのコンテンツは本当に多くあります。
お話を聞いたら、また違う分野のお話を聞いたり、オールイングリッシュのお話を聞いたり、話が終わったと思ったら周りの人と議論をしたり……。
次から次へといろんなコンテンツがあります。
その場で対応する力やコミュニケーション能力がとても大事です。
もちろん、私にそんな能力はなかったので戸惑いましたが、徐々に慣れていきました。
いろんなことを経験したい!
いろんな力をつけたい!
と思う方にはとてもおすすめです。

実施概要

日程
|2020年3月24日(火)~26日(木)の2泊3日

開催場所
|衆議院議員第一議員会館ほか

参加費|30,000円(宿泊費、飲食費、開催場所と宿泊所間の交通日のみ)
奨学生招待枠があります。詳しくはエントリーフォームをご覧ください。

対象|2020年3月時点で、中学3年生(新高校1年生)から高校3年生またはそれに準じる年齢の者

募集スケジュール
【1次募集】終了
【2次募集】2月3日(月)~2月13日(木)
【3次募集】2月17日(月)~2月28日(金)
エントリーフォームはこちら
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfigvQgIsylDSCv-QYZApyxSXFuwFFhqGTUI6_u5XTUCmszDQ/viewform


いかがでしたか。
約150名の高校生が全国集まるので、本当に行く価値ありなプログラムです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
素敵な春休みになりますように!

この記事は依頼記事となっております。
運営に対して質問等ございましたら、下記のお問い合わせよりお願いいたします。

お問い合わせ
nhsfc2020@gmail.com

校外プログラム大全

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪の学校に通うド文系の高校2年生。 演劇と演劇と演劇が好きです。 どんな人にも分かりやすく伝わる記事を目指して頑張っています! ド文系目線の理系記事に注目!