北海道から未来を考えていこう 「合宿型」北の高校生会議!

 実際に校外プログラムに参加した高校生に参加者体験談「パイセンに聞いてみた!」
北海道から未来を考えていこう!
高校生による、高校生のための、「北の高校生会議」という学生団体の代表の山本愛優美さんに活動のお話を伺いました!

ーーーー《以下寄稿記事》ーーーー

こんにちは!学生団体「北の高校生会議」代表の山本愛優美(やまもと あゆみ)です!

全国には高校生が集まる会議・サミットが沢山ありますが、その運営方法は地域によって多種多様です。

今回は、北海道で開催している北の高校生会議についてご紹介していきたいと思います。

【北の高校生会議って?】
・北海道内外から高校生が集まって2泊3日社会問題を語り合う!
・仲間との出会いや、交わした熟議は一生の糧になる!
第6回「北の高校生会議」(2018/03/24~26)の参加者も現在募集中!
第6回北の高校生会議のHPはこちらから↓
北の高校生会議の活動理念は大きく分けて2つあります!
1.若者が社会問題について考える機会の拡充
2.参加者同士のネットワークの拡大

この理念のもと、年1~2回の2泊3日合宿型で北の高校生会議を開催するほか、運営の自発的な提案で1日イベントを開催するなど、運営メンバーによって様々な活動が行われています。北の高校生会議の中では、普段学校や教室の中ではなかなか行うことのできない深い議論や対話が行われており、とくに2日目の夜に行われる「夜ゼミ」では、夜明けまで語っている参加者もいます!笑

【そもそも、なぜ北の高校生会議は出来たのか?】
実は、北の高校生会議が誕生したのは2014年10月、北海道の高校生2人の「学校を超え、全道の高校生と対話したい!」という思いからでした。例年3月に行われる北の高校生会議の参加者が自主的に次年度の運営メンバーに立候補していく、という連鎖が現在は生まれています。

2015年1月に第1回北の高校生会議が開催されて以降、延べ100人以上の高校生が北の高校生会議に参加しており、OBOG組織の「ひぐまの会」では定期的な参加者交流会が自主的に開催されています。

【運営メンバーにインタビュー!】
それでは、ここで第4回北の高校生会議参加者で第5回、第6回北の高校生会議運営の高校2年生、杉本実紅(すぎもと みく)さんにインタビューしてみたいと思います!
山本:実際、北の高校生会議に参加してみてどうだった??
杉本:私は第四回の会議で初めて参加したんだけど、それまでこんな感じのイベントへの参加経験は片手で数えれるくらいしかなかったの。だから、ディベートをする時も、慣れているわけではなかったのですごく緊張してたんだけど…この会議はみんなとアットホームに喋ることが出来たような気がした!
山本:お~嬉しい!他の参加者はどういう人が多かった感じ?
杉本:参加してた皆も話したい、という気持ちで来ていたから、初めて会った人とたくさん話せた、というのが大きな印象かな!で、北の高校生会議が終わったも参加者同士でSNSとかで繋がることができたのも、この会議に参加して良かったと思ったことの1つ!
山本:なるほどね。で、私から第5回北の高校生会議の運営に誘われた、と。笑
杉本:そうそう!誘われて、興味本位で挑戦してみた。私はパソコンがある程度使える(と思っていた)から、広報として、ホームページ作りやSNSの更新などの担当をすることになったけど…本当に試行錯誤の繰り返しだった。メールの言葉遣いを調べたり、それまでやっていなかったFacebookを始めたり…自分の世間知らずさを思い知ったなぁ 、、、
山本:それじゃあ、最後に感想とこれからの意気込みをよろしくお願いしますっ!

杉本:私は北の高校生会議という新たなコミュニティに出会ったことで、社会問題の新たな考え方ついては勿論だけど、自分の未熟さ…つまり伸ばしていける点に気づけたのかなと思います!私にとって、大切な、貴重な思い出と糧になりました。第6回でも、ディベートも運営も頑張っていきたいです!

【運営の方法について】

運営メンバーは北の高校生会議参加者から募るために毎年入れ替わっていくので、年によって運営の仕方は様々ですが、平成29年度の北の高校生会議運営の様子を簡単にお伝えします!


2018年04月~運営メンバー確定、LINEのグループ通話で自己紹介
2018年05月~第5回北の高校生会議に向けた電話会議、HP作成
2018年06月~第5回北の高校生会議参加費・講師・会場決定、広報開始、運営顔合わせ
2018年07月~活動報告プレゼンテーション(助成金頂いている財団へ)、広報
2018年08月~第5回北の高校生会議開催、反省
2018年09月~活動報告書類作成、次年度交付金応募申請
2018年10月~オフラインクラウドファンディングのためのプレゼンテーション、
          第6回北の高校生会議に向けた顔合わせ会議
2018年11月~校外プログラム大全に北の高校生会議掲載(びっくり!!)
2018年12月~第6回北の高校生会議参加費・会場・日程決定、mini北の高校生会議に向けた準備・広報
2018年01月~第6回北の高校生会議講師決定、mini北の高校生会議開催
2018年02月~第6回北の高校生会議広報開始、クラウドファンディング(予定)
2018年03月~第6回北の高校生会議開催予定

北海道各地に運営委員が散らばっていて中々直接会うことが難しいため、普段はLINEを使って連絡を取り合っています!運営委員長、広報、会計…など仕事を役割分担しながら高校2年生3人、高校1年生3人の計6人で現在は運営しています。運営の人数が少ない分、皆で協力しながら北の高校生会議を運営しています!

【第6回北の高校生会議開催!】

2018年03月24日~26日、北海道札幌市北海道青少年会館コンパスにて第6回北の高校生会議を開催します!

第6回のテーマは「国際問題」。2015年のパリ同時多発テロに直面したYoutuberの方や、ユニークな英会話教室の先生を講師としてお招きするほか、様々な論題で参加者同士の熟議の時間を設ける予定です!参加費は2泊3日食費宿泊費込みで4500円、募集定員は先着40人です。もちろん、北海道のみならず、道外からの参加者も受け付けています!ぜひ皆さんとお会いできることを楽しみにしております!
参加申し込みは、第6回北の高校生会議HP https://kitanokoukouseikai.wixsite.com/6thnorthhigh から
(上記内容と画像は公式サイトより引用)