《サイト運営者コラム》校外プログラムが楽しすぎる!!!(高校2年・えり)

「校外プログラム大全運営者コラム」とは!?

さて、この「コラム」具体的にどのようなものが書いてあるのかというと当サイト運営の7人でのリレー形式でのものになっていて各一人一人がそれぞれ体験した、もしくは気になっている校外プログラムについて紹介したり、所感を述べたりするコーナーとなっています!!!

みなさん初めまして!

校外プログラム大全 広報チーフのえりです〜。岐阜のど田舎に住む高2です!
岐阜は内陸県で海がないので時々海が恋しくなります。死にそうになるはちょっと盛りすぎましたけど。

では、早速話してもらいましょう!!! 

さてさて、今回は2期運営メンバーで初めて運営コラムを書かせてもらえるということで、めちゃめちゃ張り切ってます!運営メンバーになってもう2ヶ月経ったらしいんですが、毎日が本当に濃くてとっても充実していてとにかく楽しくて仕方ない!!

 どんな仕事をしているの?

ここで広報チーフ以外の役割について話しておくと、わたしの担当メディアはTwitterです。

現在団体としては、公式アカウントの「校プロファミリー!」(@tell_programs)と、校プロ情報提供アカウント「【公式】校外プログラム大全」(@Kopuro_Kopuro)の2つを運営しています。普段はこの2つのアカウントを動かしつつ、FacebookInstagram、YouTubeなど広報チーム管轄のメディアを統括したり、サイト運営やチェイサーと協力して新しい企画を立ち上げたりしてます。

とっても忙しいですよ〜(笑) 熱中しすぎて、時には夜中までSkypeをしたり徹夜でmessengerをしたりしたこともありました笑

 校プロのメンバーは、一緒に活動してて「心の底から楽しい!!」って思える人ばっかりで、みんな私にはできない考え方や物の見方を持っています!育った環境も今の境遇も将来の進路も何もかも違う高校生が集まって、同じ方向で全国の高校生のために頑張ってる、こんな素敵な組織は他にない!!

メンバーには結構毎日のように言ってるけど、わたしは校プロがだいすきです!ひねくれた性格してるわたしがこんな風に思えるようになったなんて、校プロはなかなかすごいと思います。


現在校プロでは、3期運営メンバーを募集しています。一緒にひと味違う青春しませんか??ご応募はこちら!!


エリが一番の成長できた校外プログラムはなに?

わたしの中学時代は吹奏楽部1色で、校外プログラムなんて何にも知らないまま3年間が終わりました。そんな私がなぜ今校プロの運営なんてやってるのか…きっかけは『日韓高校生交流キャンプ』でした。

キャンプの内容に関しては、わたしが参加した1代上のパイセンが素敵な記事を書いてくれているので、割愛。→パイセン記事

 わたしは24回生で、韓国の平昌に5日間行ってきました🇰🇷たまたま学校でポスターを見つけて、韓国に行けるなら参加したい!と軽い気持ちで応募してしまったのですが、人生観を変える劇的な出会いに溢れていて、本当に行ってよかったと思ってます。

このキャンプで1番感じたのは、「言語はツールである」ということと「受験勉強と部活だけの高校生活ってもったいない!!」ということでした。

言語はツールであるということは、頭ではわかっていたつもりでした。しかし、韓国側の高校生に日本語が話せる子がとても多くいたのに対して日本側から韓国語が話せる高校生は数人しかいなかったことや、チーム内の共通言語として基本は英語で意思疎通したことで、身を持って体感できました。どんな言語を使うにしても、根本は「自分が何を伝えたいか」という芯です。今思えば、わたしはこんな当たり前のことにも気付いていなかったのかという感じですが、当時のわたしには大きな発見であり成長できるキッカケになりました。キャンプ参加を機に始めた韓国語の勉強は、今も続けています。

 受験勉強と部活だけの高校生活というのは、キャンプに参加する前のわたしにとっては「正しい」高校生活でした。わたしは県立普通科高校に通っているのですが、その閉塞的な環境のこともあり、学校で言われることしか見えていませんでした。でもそうじゃなくて、受験勉強や部活以外に「自分が」好きなことや極めたいことがあって、「自分で」道を作って夢を追いかけているたくさんの高校生に出会ったことで、それまでの自分の正解が「もったいない」ことなんだと思えるようになりました。

そこから色々なチャレンジを始めて、田舎と都会の情報格差やモチベーション維持の難しさを感じ、その解消に少しでも役に立ちたいと思って校プロの運営を始めたわけです。

 少し長く書きすぎました。校プロがどれだけ素晴らしい組織なのかってことと日韓高校生交流キャンプがどれだけ素敵なプログラムなのかってこととわたしがどれだけ運営メンバーのことが好きかってことが伝わればもう悔いはありません!ここまで読んでくれた皆様、本当にありがとうございました。


校外プログラム大全では新たに運営メンバー募集中です!

この記事を読んだあなたのチャレンジをお待ちしております!フォームはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。