校外プログラム一覧(カレンダー順)

1
Gakko 2018
Gakko 2018
6月 24 – 7月 13 全日
Imagine a brilliant team of young mentors — all rising young stars in design, technology, drama, music, medicine, and more — matched with a group of high school students from around the world, selected for their curiosity. What do you get? A dynamic, inspiring, and creative summer experience unlike any other camp in the world.    
Gakko 2018 その2
Gakko 2018 その2
7月 1 – 7月 14 全日
Imagine a brilliant team of young mentors — all rising young stars in design, technology, drama, music, medicine, and more — matched with a group of high school students from around the world, selected for their curiosity. What do you get? A dynamic, inspiring, and creative summer experience unlike any other camp in the world.
2
第13回NRI学生小論文コンテスト2018
第13回NRI学生小論文コンテスト2018
7月 2 全日
高校生・大学生の皆さんは、自身が活躍しているであろう2030年ごろの日本がどのような社会になっていると想像しますか? 変化が激しく先の予測がつかないこの時代、NRIは皆さんと一緒に、社会をしっかりと見据えながら未来を切り拓いていきたいと思っています。 2030年へ向けて、逆境をバネに夢のある未来社会と、日本が持つ底力について考えてみてください。 (公式サイトより引用) https://www.nri.com/jp/event/contest/  
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
【締め切り】高校生のための英語スキルアップ講座
【締め切り】高校生のための英語スキルアップ講座 @ 港区 テンプル大学ジャパンキャンパス 麻布校舎
7月 13 全日
【締め切り】高校生のための英語スキルアップ講座 @ 港区 テンプル大学ジャパンキャンパス 麻布校舎
英語の4技能(ライティング、リーディング、スピーキング、リスニング)をバランスよく学びます。 アメリカの大学で頻繁に行われるグループワークなどを通じて英語でのコミュニケーションスキルを養います。 TUJの学生がティーチングアシスタント(TA)として指導する「TAセッション」を毎日開講。リラックスした雰囲気の中で同年代の大学生と英語を使う機会を提供します。 プログラム後半はプレゼンテーションスキルを養う「プレゼンテーションコース」と「学内TOEFL対策コース」の選択制。TUJ入学希望者には絶好の入学準備となります。 最終日は合同ランチ、閉講式後のレセプションなどで、講師、TA、他の参加者と楽しく交流を深めます。 (画像、文章は公式サイトより引用)
14
15
【二次締め切り】ISSJ 2018 (International school of science Japan founding project)
【二次締め切り】ISSJ 2018 (International school of science Japan founding project)
7月 15 全日
2018 SUMMER PROGRAM THEME “WHO AM I?” 研究・開発をブレイクスルーさせるのは得てして研究者のこの「私は何者か」という問いであり、また、社会を前進させるような発明・発見の出発点こそ研究者自らの存在への問いであると我々ISSJは考えます。複合的な課題をいかにして科学技術を持って解決するのか、また科学がもたらす物事の結果をどこまで想定しうるのか。「自らが何者であるか」「何を求めているのか」「何が善であり、何を美しいと感じるのか」、多くの課題に直面するこれからの科学者にとって、これらを考えずして研究を進めることはおそらく難しいことでしょう。社会に対して自らが何者なのかを表現する方法の一つが研究です。 ISSJサマープログラムでは、自身の価値観を揺るがすような知識・方法論を吸収し、自らの興味を徹底的に深掘り、議論を交わし、自分の未来への想いを研究計画書の形でプレゼンテーションします。自分を見つけ、そしてそれを表現してみませんか。
【締め切り】2018 Summer Program 二次募集
【締め切り】2018 Summer Program 二次募集 @ 札幌市 北海道大学
7月 15 全日
【締め切り】2018 Summer Program 二次募集 @ 札幌市 北海道大学
2018 SUMMER PROGRAM Theme “Who Am I?” 研究・開発をブレイクスルーさせるのは得てして研究者のこの「私は何者か」という問いであり、また、社会を前進させるような発明・発見の出発点こそ研究者自らの存在への問いであると我々ISSJは考えます。複合的な課題をいかにして科学技術を持って解決するのか、また科学がもたらす物事の結果をどこまで想定しうるのか。「自らが何者であるか」「何を求めているのか」「何が善であり、何を美しいと感じるのか」、多くの課題に直面するこれからの科学者にとって、これらを考えずして研究を進めることはおそらく難しいことでしょう。社会に対して自らが何者なのかを表現する方法の一つが研究です。 ISSJサマープログラムでは、自身の価値観を揺るがすような知識・方法論を吸収し、自らの興味を徹底的に深掘り、議論を交わし、自分の未来への想いを研究計画書の形でプレゼンテーションします。自分を見つけ、そしてそれを表現してみませんか。 (画像、文章は公式サイトより引用)
ASPerになる!【第3回】展覧会の裏側ってどうなってるの? 2:00 PM
ASPerになる!【第3回】展覧会の裏側ってどうなってるの?
7月 15 @ 2:00 PM – 4:00 PM
ASPerになる!【第3回】展覧会の裏側ってどうなってるの?
ASPer(エスパー)とは、高校生を対象にアートを応援するサポーターを育てるプロジェクト。今、アートの世界は大きく変わりつつあります。「独りでつくる」「一人でみる」だけでなく、たくさんの人がつながり、影響しあう“アート”が始まっています。今、求められているのは、アートと社会をつなぎ、世界に働きかける能力を持っているアート・サポーターたち。ASPerでは、京都造形芸術大学アートプロデュース学科(通称ASP)が運営するギャラリー・ARTZONEで、アートと人、アートと社会をつなぐさまざまなプログラムを体験。アート・サポーターの一員として第一歩をふみだしましょう! 展覧会の裏側ってどうなってるの? 展覧会の会場には、アート作品の魅力を引き出し、お客様に楽しんでもらうためのたくさんの工夫が仕掛けられています。それがどんなものか探してみましょう!
16
17
18
19
20
日中青年会議 2018
日中青年会議 2018
7月 20 – 7月 26 全日
日中青年会議 2018
UWC香港校で主催開催される、7日間のサマープログラム!会議には日本、中国、香港から選抜された中高生が参加します。様々なアクティビティーやセッションを通して、未来を担う若者が日中に存在する問題や歴史的背景を見つけ直し、考えて、話し合います。
21
湘南開催!中高生と、 色々あったけど今が一番楽しい大人との対話の会 2:00 PM
湘南開催!中高生と、 色々あったけど今が一番楽しい大人との対話の会 @ 藤沢市 角若松ビル3F
7月 21 @ 2:00 PM – 5:00 PM
湘南開催!中高生と、 色々あったけど今が一番楽しい大人との対話の会 @ 藤沢市 角若松ビル3F
【運営側は高校生、大学生が中心!】 過去の「コケた」話をお題に、対話を通して学びを得る会です。 みんなの気持ちが軽くなる場です。 ▼どんな会? 色々あったけど「今が一番楽しい」と言い切れる大人たちと、過去の「コケた」話をお題に、年齢も立場も関係なく対話を通して学びを得る会です ▼中高生はどんなことが得られるの? ・そんな世界もあるんだと思える ・親や学校が全てじゃないって思える ・何かにちょっとトライしてみるようになる ・気持ちが楽になる ・勇気が出る ・ちょっと先の未来へのイメージが持てる ・好きなことを自信持ってできるようになる かもね♩ ▼どんな大人が来るの? ・地獄でクモの糸をつかんだ大人 ・一回全部失った大人 ・2度死にかけた大人 ・勇気を出して踏み出したら意外と大丈夫だった大人 ・みんなと同じことをやらなくてよかった大人 ・親の言うことを聞かなくてもなんとかなった大人 などなど 42以上の職業の人が一度に集まります 弁護士、経営者、医者、PR、広報、研究職、不動産投資家、映像クリエイター、教師、DJ、アナウンサー、コーチ、営業、パティシエ、書道家、僧侶、税理士、商社マン、整体師、テレビディレクターなど ※職業は重要な視点ではないとは思っています。 (画像、文章は公式サイトより引用)
22
Gakko 2018 その3
Gakko 2018 その3
7月 22 – 8月 4 全日
Imagine a brilliant team of young mentors — all rising young stars in design, technology, drama, music, medicine, and more — matched with a group of high school students from around the world, selected for their curiosity. What do you get? A dynamic, inspiring, and creative summer experience unlike any other camp in the world.
23
24
25
26
第四回全国高校生未来会議
第四回全国高校生未来会議 @ 衆議院第一議員会館
7月 26 全日
「今年の夏は何か特別なことがしたいな〜」 「普段は会えないような人と議論をしてみたい!」 そんなふうに思っているそこのアナタ!平成最後の夏は「政治」について同年代の仲間と熱く議論してみませんか? 18歳選挙権に関する法律が施行され早一年。「まだ高校生だから」では遅いくらいあっというまに投票権を持つことになってしまいます。この夏どんどん身近になって行く政治について同年代の仲間と議論してみませんか? (公式FBより引用) https://www.facebook.com/revisionjapan/
27
かめのりスクール2018
かめのりスクール2018 @ 御殿場市 YMCA 東山荘
7月 27 – 7月 30 全日
かめのりスクール2018 @ 御殿場市 YMCA 東山荘
(公財)かめのり財団は、日本とアジアの若い世代が交流し、お互いを理解する場を企画しました。日本語を学んでいるアジア(インドネシア、中国、韓国、フィリピン、マレーシア、タイ)の高校生と一緒にグループで課題に取り組みます。夏休みの4日間、富士山のふもとで大いに話し、聞き、動き、考える体験を通して、チャレンジ精神、協働力、創造力を磨きませんか?みなさんのご応募をお待ちしています。 (画像、文章は公式案内PDFより引用)
28
29
Gakko 2018 その4
Gakko 2018 その4
7月 29 – 8月 11 全日
Imagine a brilliant team of young mentors — all rising young stars in design, technology, drama, music, medicine, and more — matched with a group of high school students from around the world, selected for their curiosity. What do you get? A dynamic, inspiring, and creative summer experience unlike any other camp in the world.
30
2018 Summer Program
2018 Summer Program @ 札幌市 北海道大学
7月 30 – 8月 3 全日
2018 Summer Program @ 札幌市 北海道大学
2018 SUMMER PROGRAM Theme “Who Am I?” 研究・開発をブレイクスルーさせるのは得てして研究者のこの「私は何者か」という問いであり、また、社会を前進させるような発明・発見の出発点こそ研究者自らの存在への問いであると我々ISSJは考えます。複合的な課題をいかにして科学技術を持って解決するのか、また科学がもたらす物事の結果をどこまで想定しうるのか。「自らが何者であるか」「何を求めているのか」「何が善であり、何を美しいと感じるのか」、多くの課題に直面するこれからの科学者にとって、これらを考えずして研究を進めることはおそらく難しいことでしょう。社会に対して自らが何者なのかを表現する方法の一つが研究です。 ISSJサマープログラムでは、自身の価値観を揺るがすような知識・方法論を吸収し、自らの興味を徹底的に深掘り、議論を交わし、自分の未来への想いを研究計画書の形でプレゼンテーションします。自分を見つけ、そしてそれを表現してみませんか。 (画像、文章は公式サイトより引用)
【開催初日】8th BIO SUMMIT in TSURUOKA
【開催初日】8th BIO SUMMIT in TSURUOKA @ 山形県 鶴岡市 鶴岡メタボロームキャンパス
7月 30 全日
【開催初日】8th BIO SUMMIT in TSURUOKA @ 山形県 鶴岡市 鶴岡メタボロームキャンパス
このプログラムには①成果発表部門、②計画発表部門、③一般部門の3種類の応募方法があります。 ①成果発表部門 これまでに既に行った研究および現在実施中の研究の成果を発表する部門。(第1回~第3回バイオサミットに実施していた発表部門、に相当します) 1次審査(書類)を合格した者は、サミットに参加し、2次審査(サミット初日)にポスター発表で成果を発表します。 優秀な発表は決勝審査(サミット二日目)に進出し、すべての賞の受賞対象となります。 ②計画発表部門 これから実施する研究および開始してまだ間もない研究の計画を発表する部門(2014年度より新設) 。 1次審査(書類)を合格した者は、サミットに参加し、2次審査(サミット当日)にポスター発表で成果を発表し、審査員からコメントをもらうことができます。 決勝審査への進出はなく、「審査員特別賞」のみ、受賞対象となります。 本部門はアイデアコンテストではありません。先行研究の論文などをよく読んで調査し、研究背景や研究の位置づけを明確にして、研究計画に具体性があるものが評価されます。 ③一般参加部門 発表はせず、上記①②の発表を参観。 来年には発表したいが今年はまずは様子を見てみたい、という高校生向け。 参加のための審査はありません。 詳しくは応募上の注意をよく読んで、メールで(または、郵送で)応募してください。 (画像、文章は公式サイトより引用)
31
LGBTQ+高校生未来会議
LGBTQ+高校生未来会議 @ 参議院議員会館
7月 31 全日
7月31日第一回LGBTQ+全国高校生未来会議開催!】 性に関する問題が日本でも大きく取り上げられるようになっている中、高校生がこの現状に向き合う機会は今までの日本にはありませんでした。 しかし、ついに今夏LGBTQ+全国高校生未来会議が開催されます! LGBTQ+に対する差別はすぐにはなくならないかもしれない。高校生がLGBTQ+への偏見をなくすことは不可能かもしれない。でも、語り合って、思いを共有して、行動すれば、必ず変えられる。 「次世代の多様な性の在り方のための新たな法制度を考える」をテーマにし、プランづくりや、ゲストをお招きしてのパネルディスカッションを予定しています! 平成最後の夏休み、次世代に向けてLGBTQ+について語り合いましょう!  (公式FBより引用)    https://m.facebook.com/events/476205769497495    
【締め切り】SLICE in KAWAIJUKU ハーバード生による英語とリベラルアーツ
【締め切り】SLICE in KAWAIJUKU ハーバード生による英語とリベラルアーツ @ AGOS✕K 新宿校
7月 31 全日
【締め切り】SLICE in KAWAIJUKU ハーバード生による英語とリベラルアーツ @ AGOS✕K 新宿校
この夏、ハーバード大生と過ごす濃密で刺激的な3日間 異文化理解、クリティカルシンキングの理解と実践、英語でのディスカッションやプレゼンテーション…。 ハーバード大スタイルのワークショップや多彩なラーニング・アクティビティ満載のプログラムで、幅広い教養や多様な考え方、国際感覚に触れ、楽しみながら「考える力」「英語で伝える力」を伸ばします。ハーバード大での学びを疑似体験したい方、海外大に進学・留学したい方、グローバルに活躍したい方の参加をお待ちしています! (画像と文章は公式サイトより引用)