【高1、2年生(中学生)対象】脳科学オリンピック

こんにちは!

今日は〜オリンピック系の大会を紹介します!


そもそも脳科学オリンピックとは?

13歳から18歳の中学、高校生による、脳科学、神経科学、神経疾患等に関する知識を競う世界大会です。(公式チラシより引用)

まずは日本の4地区で地区予選大会が開かれます。そこで上位入賞した人には参加費、交通費共に無料で脳科学に関連する研究施設を見学したり、神経科学分野の学会に参加して最先端の研究に触れる機会が与えられます。

そして日本代表選考会を実施し、脳科学オリンピック日本代表を1名選出します。この代表はThe International Brain Bee 2019に参加する権利が与えられます!

さて、脳科学に関する勉強はどのようにするのでしょう?

それは脳科学オリンピック大会側から指定された参考書があります!地区予選大会ではこの参考書から英語で(一部日本語で補足)出題されます(クイズ大会形式)。参考書自体も英語ですが、日本語版もNPO法人 脳の世紀推進会議推進会議のブレインビー特設サイト よりダウンロードできます!

またちなみに、地区予選大会では脳科学・神経科学に関する講演も行われます!


①関東地区予選大会
《日時》9月23日(日)14時〜17時(13時半開場)
《開催場所》理化学研究所・脳神経科学研究センター(埼玉県和光市)

②関西地区予選大会
《日時》9月30日(日)13時〜16時(12時半開場)
《開催場所》大阪大学・蛋白研究所・本館1階講堂(大阪府吹田市)

①②共に参加費は無料で旅費支給はありません。

また、筆記用具を持参してください。

(今年の東北地区予選大会、九州地区予選大会は終了しました。)


なかなかハイレベルな大会ですが、新たな知識を身につけるのに勉強してみるのはいかがでしょうか?

校外プログラム大全

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。