『人生で最も濃い一週間』小松サマースクール

こんにちは!私は愛知県の名古屋高校という男子校に通う高校一年生、田中 翼です。私がこの2018年の夏に参加したのは、小松サマースクール(KSS)というプログラムです。KSSは、様々な地域の人と交流することにより、国際的な視野を身につけられるプログラムです。では、ざっと概要を紹介しましょう。

概要

・期間:1週間(今年は8/38/9)

・開催地域:石川県小松市

・使用施設:大杉みどりの里

・人数:高校生60人、大学生スタッフ55(日本人と外国人合わせて)

・使用言語:日本語、英語

ここから紹介する内容は2018年のKSSのものです。年によって内容が変わることがあるので、中には今後行わないものもあるかもしれませんが、ご了承ください。

地域・施設

開催地域の石川県小松市は静かで穏やかな場所です。駅前も結構静かで、駅から離れていくと田園風景が広がっています。

とても雰囲気の良いところです。そんな中でも、山の方にあるのが期間中の宿でもあり、ほとんどのプログラムを行う大杉みどりの里です。

奥は体育館跡、手前は校庭跡

ここは、もともと小学校だった建物を改築し、利用できるようにした施設だそうで、今も残る体育館や芝の校庭からその名残が感じられます。

木が多く使われていて温かい雰囲気の建物です。寝泊まりをする部屋は69人に一部屋割り当てられます。

畳一つ分が1人分の睡眠スペースになっています。コンセントやライトもあり、とても便利です!!

食事

食事はバイキングで、苦手な食べ物がある人にも良いでしょう。

開始当初は会話の少なかったテーブルでしたが、日に日にみんな打ち解けて自然に会話が生まれるようになりました。

とても、楽しい時間でした。

とある日の夕食

アクティビティ

KSSでの一日は、午前中のセミナーから始まり午後には日替わりのプログラムそして、夜のリフレクション(振り返り)という流れです。忙しい1週間ですが、どのプログラムもとても面白いので、疲れを気にせず楽しめます。

セミナー

セミナーとは大学生によって行われる、1コマ90分の授業です。56人の高校生と日本人、外国人各1名の大学生によって授業は進みます。授業といっても学校の授業とは雰囲気が全然違います。

最近日本の大学でも取り入れられつつあるリベラルアーツの教育を体験できる貴重な機会になると思います。雰囲気は非常に和やかで、とても楽しいです。セミナーは12種類から2種類を選びます。

〜今年のセミナー一覧〜

The Spectrum of Identity and the Single-Story(メディアについての考え方:多様性と

アイデンティティ)

Searching for the theory of everything(理論を見つけだそう!物理学)

Scientific Understanding of the Nuclear:From Hiroshima and Nagasaki to Chernobyl’ and Fukushima(原子力技術と私たちの未来を考える)

Modern Japanese History Through Horror(ホラー文化から考える現代の日本社会)

Kung Fu(カンフー)

Introduction to Refugee Studies(難民入門問題)

Exploring General Chemistry:Structure & Reactions(化学入門:構造と化学反応)

Cultural Appropiriation:The Exproitation of Culture(文化の盗用と搾取)

Cross Cultural Sociolinguistics:Reflections on Language,Culture,and Society(異文化言語学:言語、文化、社会の関係を知る)

Creative Writing:Poetry and Prose(詩文を楽しむ:自分の考えを言葉に変える)

Communication Through Dance(ダンスとコミュニケーション)

Bit by Bit:Computers & Our World(コンピューターと私たちの世界)

フォーラム

フォーラムは午後のアクティビティのひとつで、今回の目玉とも言われていました。

このアクティビティでは、講演会のような形で話を聞く前半と、57人ほどのグループに別れて登壇者の方々と座談会を行う後半とで構成されていました

登壇者の方々は、実業家の方、教育改革に尽力されている方、日本で活躍する外国人のラジオDJの方など様々な方面から色々な人が来てくださいました。

正直、このプログラムが始まる前は「講演会か寝ちゃうかも()」とか思ってました。

始まると、どの話もとても面白く、115分の話で8人の方にお話しいただきました。A4のメモ用紙が2枚埋まってしまいました。

そのあとの座談会では、普段出会うことのないような、ある意味雲の上の存在の方々とゼロ距離での対話をし、とても濃い時間を過ごしました。

英語について

ここからは、多くの方が気になっているでしょう、英語に関して説明します。はじめに記したように、使用言語は日本語と英語です。

全体の説明は日本語が話せない外国人スタッフもいたので、二ヶ国語でされる事が多かったです。

セミナーなどでは、難しい英語が出てくる事もありますが大丈夫です!わからない時は日本人の大学生が対応してくれます。

私も大学生を頼るような場面が何度かありました。

また、今回はEnglish Dayと題して、2,5日目の2日間、雑談も含めて英語のみで生活しました。

それ以外の日には日本語で話していた相手と英語で話すのはちょっと照れますが、留学気分を味わうことができ、面白かったです。

英語技能に関してですが、英語技能よりはコミュニケーションの意欲が必要だと思います。

大学生の補助があるとはいえ、何も言わない人に対しては補助のしようがありません。自信がなくても話す意志さえあればみんな話を聞いてくれます。

それは大学生だけではなく高校生も含めてみんなです。

こんな環境は他にはないと思います。

参加者の出身地域

北陸首都圏関西その他

左から多い順

石川県での開催ということもあり、北陸エリアからの参加者が最も多かったです。次いで多いのが、首都圏からの参加者です。

このようなプログラムはどこも首都圏からの参加者が多いそうです。

運営態勢

KSSでは運営のほとんどを大学生が行なっていて、どのアクティビティにおいても大学生の工夫や努力が見られます。

みんな真剣で、KSSをより良いものにしようというモチベーションがひしひしと伝わってきます。

大学生スタッフの中には、3年連続でスタッフをやっているという人や高校生の時には参加者として参加し、大学生になりスタッフとして帰ってきたという人もいました。

また、日本人の大学生も外国人の大学生もみんな経験豊富で、話がすごく面白いです。

入試のことや、留学、ホームステイ、海外旅行、ボランティア、恋愛()など参考になる話がたくさん聞ける良い先輩って感じです。

このアットホームな雰囲気は、他のどのサマースクールにも劣らないと思います。

感想・振り返り

私がKSSを知るきっかけにもなった説明会で聞いたある事が、今でもずっと印象に残っています。

それは、「KSS1週間の中ではそう大して変化はしない。KSSは変化の場ではなく、変化のきっかけになる場である。」ということです。

確かにその通りなんです。わかりやすい形の変化でKSS以降に新たに始めたことを挙げると

・文章を書くトレーニングを始めた

・やりたい事や欲しいものなどをリストアップしてこまめにチェックするようになった

この2つはKSSの中で会った人の習慣を真似したものです。KSSでは大学生だけでなく、同じ高校生からも学ぶということが多くありました。

また、KSSには外国人の大学生がいたり、日本人の大学生も留学をしていたり、さらには高校生の中にも、海外経験の豊富な人がいたり、とても国際的な価値観に溢れる環境なんです。

そこでは、例えば年齢が違っても敬語は使わないずに和やかな雰囲気を作るとか、どんな時もアウトプットを大事にし意見をいう機会が多かったりとか、そんな日本の考え方や習慣とは少し変わった空気が流れていました。そんな空気感に1週間包まれることで自分自信も少し柔軟に色々なことに対応できるようになったと思います。

最後に、私がKSSをオススメしたい一番の理由をお伝えします!!

それは、KSSで出会える高校生の仲間の素晴らしさです。

KSSに参加する高校生は皆自分で応募して合格してくる人たちなので、とても意欲的で魅力的な人間ばかりです。

始めの1,2日目はまだまだお互いに距離がありましたが、それ以降はみんな打ち解けてふざけ合ったり、時には自分の経験や考えを共有するような深い時間を過ごしたり。

素晴らしい時間を共有しました。

それはKSS期間中のみならず、終わった後にも互いに連絡を取り合い、離れた地域に住んでいたとしてもわざわざ会いに行ったりして、KSSメンバーとしか過ごせない深い時間を共に過ごすのです。

このKSSでしか得られない貴重な出会いこそがKSSに参加する一番の意義なのかなと思います。

Editor Azumi

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください